CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< 家計の決算書を作って我が家の現状把握から始めよう | main | 起業家支援に命を懸ける会計士の梅川さんの記事【「らしさ」が重要です。】 >>
インタビュー企画第4回前編 KM Pacific Investments Inc.代表取締役社長 枡田耕治さん
インタビュー企画第4回<前編>は、
KM Pacific Investments Inc.代表取締役社長 枡田 耕治さんにご登場頂きました。

<プロフィール>


KM Pacific Investments Inc.代表取締役社長 枡田 耕治、CCIM、CPM

1969年(昭和44年)7月22日に神奈川県横浜市に生まれる。
その後幼児期に現住所の藤沢市に移る。
13歳でカナダのビクトリアへ留学生として、
セントマイケルズ・ユニバーシティースクールへ転校。

1990年より北米西海岸のオフィス・ポートフォリオの運営・運用に携わる。
前職のAMB プロパティー・ジャパン(現Prologis)では、
アセットマネージャーとして約34万平米の自走式大型複合倉庫(365億円相当)の
物件を運営、ポートフォリオを運用。
Certified Commercial Investment Member及び
Certified Property Managerの称号を取得。

学歴はワシントン州立大学(米国シアトル市)にてExecutive MBA、
パデュー大学(米国インディアナ州)にて経営学学士を取得。

趣味はラグビー、ヨットとジョギング。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎現在カナダを中心にグローバルにご活躍の枡田さんですが、
海外進出のきっかけはなんだったのでしょうか?


僕は神奈川県の横浜で不動産業を営む家系のもとに生まれました。


父は当時の日本では圧倒的にグローバル意識が強く、
1970年代にはアメリカに不動産投資で進出していました。
昭和一桁世代で生まれた父親ですから、
本当は自分も留学して学びたかったという夢があったんだと思います。
その夢を我々息子二人に託す為、僕が中学2年、弟が小学校卒業時に
カナダのボーディングスクールに転校しました。


◎14歳で留学!凄いですね。お母様に反対されたり、
行きたくないと言ったりしなかったんですか?

我が家は父を中心とした封建的な家庭でした。
先々代は枡田組という建築屋の棟梁でしたから。(笑)
母も最初は反対しましたが、
仕方なく賛成してましたね。
僕は友達と離れるのが嫌だったので、全く行く気はありませんでした。
出発迄の5ヶ月間は父親の顔を見るたびに、ひたすら拒否していました。(笑)
でも最終的には「兄貴として」行く事になりましたけどね。
弟のほうは事の重大さがわかっていなかったのか、
割とあっけらかんとして、素直に賛成して行く気満々でした。
ただその分、彼の方が実際に行ってからのホームシックが酷かったようでしたね。

でも今ではこの経験が人生最高のステップアップでした。


◎実際のボーディングスクールでの生活はいかがでしたか?

ボーディングスクールというのは全寮制の寄宿学校なんですが、
英語が出来なかったので、まず全く言葉が通じなかったですね(笑)

今でも覚えているのは、学校の
寄宿長に念のために警察と
救急車の呼び方を教えてほしいと頼んだ時の会話が30分ぐらい掛かったことです。
一字ずつ和英と英和辞典を見せ合って、単語一文字ずつ指して「会話」してたんですから。
今考えると可愛いもんですね(笑)
これが初めて通じあえた「英会話」でした。正直とっても嬉しかったですね。
30年経った今でも覚えてる訳ですから。この頃は毎日辞書を抱えての生活でした。
ただ辞書って単語はわかっても文章にはできないから、
「ハァ?」なんて言われる事もしょっちゅうでした。
でもそんな僕でもつき合ってくれる親友が出来、彼らとはいまだに付き合いが深いですよ。


◎なるほど。素晴らしい体験だと感動すると同時に、
ストレスも大きかったのではないかと思います。

そうですね。英語がちゃんと書けるようになるまで4年はかかりましたね。
大学の論文は中身の採点より、英語の修正の為に赤ペンで埋め尽くされてました。
ただ数学なんかは英語を使わなくていいので、高校でも一番上のクラスでした。
日本からも教科書は持っていってたので、中学3年の数学は夏休み中に自習しました。
そういう負けん気は当時から強かったです。
子供時からスポーツで鍛えられてましたから(笑)
部活はサッカーが無かったので、ラグビーをやってました。
カナダ国内の強豪チームの一軍選手としてプレーして、
イギリスや日本等への遠征にも行きました。

ラグビーは結局社会人になってもやってましたし、
自分のなかでは海外で生活する上での大きな支えでした。


◎グローバルなご家族ですね。枡田さんは大学ではどんな勉強をなさっていたのでしょうか?

僕はカナダのボーディングスクールを卒業した後、アメリカの大学に進学しました。
理数系に強い大学で、パディユー大学というインディアナ州にある州立大学へ行きました。
学部では経済を専攻し、
大学院はシアトルにあるワシントン大学でエグゼクティブMBAを取得しました。
エグゼクティブというのは特化したメジャーを勉強するのではなく、会社運営を学ぶ、
経営者育成スクールというイメージですね。
でもすごく力がつきました。精神的にもすごく試されましたし。
仕事している時間を除くと、
家族といる時間より5人のチームメートと一緒にいる時間の方が多かったですからね。
チームメイトも今は北米全域に散らばっていますが、会える機会があれば今でも集まってます。


◎就職はアメリカでなさったんですか?

卒業するとき日本の企業からは複数のオファーを頂いたのですが、
そのころの僕は日本に帰りたくなかったんです。
僕はアメリカで働きたかったんです。自分の力を試すためにも。

でも日本の企業のオファーを全部お断りしたら、行く所がなくなってしまって。
結局その時は父親に頭を下げましたね。
父親の不動産会社がNYに進出して、そこで研修員として働く事になりました。
NYに1年半、シアトルで1年半、計3年アメリカで働きました。

しかし、その後家業を離れて日本で起業したんですが、
2年でお金がなくなって会社を潰しました。
本当に甘かったです。
清算した後は前の奥さんに食べさせてもらいながら日雇いの生活をしました。
毎朝会社に電話して仕事を頂くんです。
運良ければ、仕事を貰えますが全くない日もありました。
やっていた事は主に、引っ越し手伝い、警備員、バーゲンの売り子などです。
その時に支えてくれた元奥さんには、今でも感謝しています。


数年後、東京で不動産ファンド会社勤務時に、父親から戻ってこないかと誘いがあり、
それが今の会社の始まりです。




次回は後編!今のお仕事についてや、これからの目標、
日本の皆様へのメッセージをお伺いします。



枡田さんの会社HPはこちら→kmpacific.com
ご質問等はkojim@kmpacific.comまでお願い致します。
フェースブックはKM Pacific Investments Inc.です。

| インタビュー記事 | 21:35 | comments(0) | - | - |