CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< セールスコピーライター相馬浩基さんの記事≪それ、安すぎ!≫ | main | セールスコピーライター相馬浩基さんの記事≪ノウハウより大事な○○≫ >>
セールスコピーライター相馬浩基さんの記事≪現状を打開する3つの方法≫
 セールスコピーライターFrom: 相馬浩基


≪現状を打開する3つの方法≫


 「広告費が高い、、、」

これは良く聞く社長の悩みです。

 広告をだして売り上げが
上がるのならまだしも、

それで売れなかったら更に
赤字が大きくなる。

 売り上げは上がらないのに
経費を上げるなんて、そんなの
 バカげてる。。


だから、怖くてとても大きなお金を
広告に投資する気になれないよ、、、



ひょっとして、あなたもそんな
悩みを抱えていませんか?


これ、正解です。


効果が出るかわからない物に
お金をかけるのは投資とは
言えません。


それはただのギャンブルです。



ただし、


 効果が出るかわからないから
待っているだけで何も行動しない、、
というのもどうでしょう。


これはこれで、お金よりも貴重な
「時間」を無駄にすることに
 なりますよね。そこで、、



 解決策を3つ用意しました。


この3つのうちのどれかを実践する
 だけで、確実にあなたのビジネスの
 スピードが上がり、売り上げが
伸びやすくなります。


もし、あなたが「コレだ!」と思った
方法が一つでもあれば、是非実践して
 みてください。



 1)自分で勉強してみる

 あなたの周りには必ず、あなたと同じ
問題をすでに解決した人たちがいます。

コンサルタントやコピーライター、
HP制作会社の方なんかがこれに
当てはまります。


そんな彼らをつかまえて(お金を払ってでも)
やり方を教えてもらえれば、広告で失敗する
確率は大きく下がります。

 (ただし、その先生が本当にスペシャリスト
 かどうかは慎重に見極めましょう。)



 2)代行してもらう

前に出てきたコンサルタントやコピーライター
 の方にそれ相応のインセンティブを支払って、
 販売の代行をしてもらいます。

 初期費用がかかる場合と、かからない場合が
 ありますが、その方によって違います。

なるべくお金を掛けたくないのであれば、
 完全成果報酬で請け負ってくれるコンサル
 タントやコピーライターを探しましょう。

 (ただし、その分成果報酬の金額が
大きくなります。一般的には10〜50%)



 3)業務提携(ジョイントベンチャー)


これは即効性があり、うまくいけば
全くのノーリスクで売り上げを
上げることができます。

しかも、お金はほとんどかかりませんし、
下手をすると何もしなくてもキャッシュが
生まれてしまいます。

アイディアは必要ですが、個人的には
最高にオススメできる方法がこれです。

 (もちろん、業務提携がビジネスの
全てをカバーできるわけではありません。
そして、それなりにコミニュケーション
力も必要です。)




さて、いかがでしょう。
あなたの好みに合った方法は
 ありましたか?


ちなみに、僕はこの3つの方法
 全てを現在進行形でやっています。


つまり、

 今でもコンサルタントにお金を払い、
 販売や集客の代行にお金を使い、
 業務提携をしています。


そのほうが結果的に、ビジネスが早く
大きくなるからです。



とは言っても、、、


いっぺんにはできないと思いますし、
そもそも、誰にお願いしていいのか
 わからないですよね?



 先生選びを間違えると、
 逆に時間がかかったり、
 変な知識が頭に入って、
リハビリが必要になります。。


 販売代行をしてくれるコンサルタントは、
そもそも魅力がある商品や売れると
 わかっているマーケットでなければ
仕事を受けてくれません。



そこで、、


 僕がオススメしたいのは
3つめの業務提携です。

それは経験上、一番リスクが低い
 やり方だから。



 業務提携というのは考え方さえわかって
 しまえば、”事実上”どんな相手とでも
組めてしまいます。


 自分が組みたいと思った方(会社)なら、
 誰とでも(どことでも)組めます。



なぜなら、組めば必ず相手にも
 メリットがあるからです。


これは、ほんの少しのアイディアと
行動力、それだけあればOK。


むしろ、やらない方が、 もったいない・・・

そんな方法です。
| CEO桐山のお勧めの記事 | 21:23 | comments(0) | - | - |