CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< インタビュー企画第5回<後編>カングロ・コーポレーション代表取締役社長 藤井利幸さん | main | 起業家支援に命を懸ける会計士・梅川貢一郎さんの記事【製販分離とは?】 >>
カングロ株式会社 藤井利幸さんの記事≪今、ラテンアメリカに惹きつけられています≫
カングロ株式会社 藤井利幸さんの記事
≪今、ラテンアメリカに惹きつけられています≫
をシェアさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さま、お世話になります。
カングロ株式会社の藤井です。


2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会が幕を明けました。


今回で、第20回目の大会だそうですね。



下記はこれまでの開催状況です。



第1回  1930年 ウルグアイ
第2回  1934年 イタリア王国
第3回  1938年 フランス
      1942年 第二次世界大戦のため中止
      1946年 第二次世界大戦のため中止
第4回  1950年 ブラジル
第5回  1954年 スイス
第6回  1958年 スウェーデン
第7回  1962年 チリ
第8回  1966年 イングランド
第9回  1970年 メキシコ
第10回  1974年 西ドイツ
第11回  1978年 アルゼンチン
第12回  1982年 スペイン
第13回  1986年 メキシコ
第14回  1990年 イタリア
第15回  1994年 アメリカ合衆国
第16回  1998年 フランス
第17回  2002年 韓国?/??日本
第18回  2006年 ドイツ
第19回  2010年 南アフリカ共和国
第20回  2014年 ブラジル
第21回  2018年 ロシア
第22回  2022年 カタール



現在は、

「直近の2大会の開催地のある大陸以外から

立候補国を募る」

ということになっているそうです。



ワールドカップも

28年ぶりの中南米開催ということもあって

大いに盛り上がることでしょう。


***


「中南米」といえば、

ラテンアメリカ。



最近になって

なぜかラテンアメリカに

惹きつけらています。



毎月、開催しているシステムD研究会。

5月30日の会では、

メキシコのチアパス州をベースに

先住民により組織された

サパティスタ民族解放軍

副司令官のマルコス氏をテーマに

オープンミーティングを行いました。


日本には中南米に関する情報は、

ほとんど一般的には報道されておりませんが、

メキシコを始め、

ラテンアメリカは、

今、必死に自分たちの在り方を模索しています。


***


ラテンアメリカは、

1492年、

クリストファー・コロンブスに発見され、

以降500年以上に渡って侵略、

抹殺の中を抵抗し闘い続けながら

生き抜いてきました。



先住民であることが差別の理由となり、

土地を召上げられ、

投獄、暴行され、

殺され続けてきました。


サパティスタの主張は、

国からの独立や政党を倒すことが

目的ではありません。


彼らは、

単にその土地に存在することを

認めてもらいたいという

人間の尊厳を訴えているだけなのです。



今、サパティスタの存在は、

世界に大きな影響を与え始めています。



---------------------------------------------------
※サパティスタ民族解放軍のWikipedia
---------------------------------------------------


***


そして、

5月25日発行の弊会員誌『Zephyr(ゼファー)』

でも取り上げた

ウルグアイ第40代大統領の

ムヒカ氏(Jose Alberto Mujica Cordano)

の偉大なるスピーチに感銘を受け

氏やウルグアイという国のことを

研究し始めています。


---------------------------------------------------
ムヒカ大統領の地球サミット2012でのスピーチ
---------------------------------------------------



今、地球でおきている


様々なボルテックスに


惹きつけられています。


***


実は、あと数時間後に


カリフォルニアの大地に降り立ちます。




またどこかで


ご報告できることを


楽しみにしております。





『未来は明るいに決まっている!』





いつも、本当にありがとうございます。





カングロ株式会社
KANGLO NIGERIA
藤井利幸





*****
| CEO桐山のお勧めの記事 | 13:30 | comments(0) | - | - |