CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< 業務提携契約専門の行政書士・遠藤祐二さんの記事【契約書よりもっと大事な”あの”○○とは?】 | main | 安藤裕也さんのブログ"Nomad Life In Australia"より【日豪EPA協定締結】 >>
梅川会計事務所マーケティングマネージャー 相馬浩基さんの記事【僕のお気に入りはこれ!】
【僕のお気に入りはこれ!】


 おはようございます。

梅川会計事務所マーケティングマネージャーの相馬です。


 暑い日が続きますね^^;


 特に外回りや営業をされている方は、熱中症に十分お気を付けください。

ところで、そんな暑い日に、僕たちにとって、 なくてはならない物、、、それは


 カフェ!



 僕も、暑い時はついついカフェに入って冷たいアイスコーヒーを頼んでしまうんで
すが、

これが至福のひと時。

 一旦ソファーに座ったら、 立ち上がるのが困難です。。


 仕事や読書を始めようものなら、あっという間に5〜6時間たってしまいます。


それで、数あるカフェの中でも、 僕が特にお気に入りなのが 「ルノアール」です。


 都内にいるときは、 他のカフェには目もくれず、ついついルノアールを探してしま
いますね。


あなたはどうですか?


スタバもあるし、 ドトールもある、エクセルシオールや何ならマックもある。


その中でも、お気に入りのカフェが あるんじゃないでしょうか?


 僕がその中でも、あえてルノアールを選ぶのには理由があります。



それは、、、


 『充電器が置いてあるから』


 携帯を充電したり、 PCを充電できるのは、

 僕のようなコピーライターにとっては、 とてもポイントが高いです。


 事実、ルノアールで コピーを書いたり、メルマガを書くことが、とても多いです。


フカフカのソファーがあって、 店内も落ち着いた雰囲気で、 集中して仕事ができ
る、、


マックやドトールよりも数倍高いお金を払ってでも、 ルノアールを選ぶのは、こん
な理由があるからです。



 一方、スターバックスにも違った良い点があります。

・コーヒーのカスタマイズ、
・くつろげる、
・禁煙、

これはこれで、一定のファンを獲得して いるのはご存知ですよね。


■どちらが優れているか?

では、スターバックスと ルノアールではどちらの方が優れているのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 実は、これには明確な答えはありません。

なぜなら、両店共に、それぞれのお客様に適した”環境”を提供しているからです。

 両方のカフェに行ってみると解りますが、明らかに「客層」が異なります。

それぞれが違う「魅力」を提供して差別化しているのです。


○ スターバックス → くつろぎ
○ ルノアール → ビジネス
○ マック → 家族、安さ
○ ドトール → ちょっと一息


など、それぞれが競合しないような ポジションを選んでいるのです。


これが『差別化戦略』です。


 一見、同じようなカフェですが、そこにはいろんな思考や戦略が詰まっています。


 彼らは決して、 「美味しいコーヒー」を売っている訳ではありません。


 彼らのお店に行くことによって得られる「体験」を売っているのです。


そうすることで、お互いが競合しないような「差別化」を生み出しているのです。



■僕たちはどうやって戦うのか?


これは僕たち中小企業にも同じことが言えます。

 僕たちはついつい、

 「良い商品」
 「良いサービス」
 「他社よりも優れている商品」

を、提供しようとしてしまいます。


でも、それだけではお客様に選ばれにくくなってきている、と貴方も感じていること
でしょう。


 物があふれ、価格も下がっていく、そのような世の中では、今の戦略は通用しませ
ん。



 (「より良い商品をより安く」、は、大企業にしかできないですからね。)


 僕たちが考えるべき事は、

 『他社よりも優れた商品』ではなく、 『他社がやっていないサービス』なのです。


どんなに小さなことでも構わないので、

 『他社がやっていない事』で、差別化していきましょう。


これを発見することで、

 「〇〇と言ったらあの会社」と、思ってもらえるように なるのです。


さて、あなたのビジネスは いかがですか?


もし、今よりもビジネスを大きくしたいのであれば、


 「〇〇があったらいいな!」
 「〇〇が不便なんだよね。。」
 「〇〇だったら助かるのに。。」


というお客様の声を吸い上げ、その中でも、ライバルがやっていない事に
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
目を向けてみてください。


それこそがビジネスの突破口であり、 儲けるための差別化戦略です。




 相馬浩基
| CEO桐山のお勧めの記事 | 20:23 | comments(0) | - | - |