CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< 起業家支援に命を懸ける会計士の梅川貢一郎さんの記事【大企業は税金を払ってはいませんよ。】 | main | 株式会社オフィス オウ 取締役会長:小川 正さんの記事【週刊・中国情報:2014/09/01】 >>
業務提携契約専門の行政書士 遠藤さんの記事 満員列車に乗らなくても良い方法は?
 おはようございます。

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日開催した、4回目となる習慣化セミナーのことです。


遠藤が、「私は絶対に満員電車に乗らないように してるんですよ。」

「あんなに人間の汚いオーラが満ちている空間はないです。暴力、愚痴、痴漢、疲
労、あきらめ、絶望感等々。」

「ある意味、放射能を浴びるより怖いかもしれないですよ。。」


という話をすると一人の参加者の方が・・・・・


「いや、そうは言ってもですよ。。。」 「お勤めしていたらそれは無理じゃないで
すか?」

「込む電車の区間は決まっているし、会社には定時には行かなくてはならない
し。。。」


という質問をされました。


貴方はどう思われますか?


遠藤はこんな時、こんな質問を自分にします。


世の中のお勤めしている人の全員が満員列車で通勤しているのか?」→ 答えは、
No!

では満員列車で通勤しない人はどうやってそれを実現させているのだろうか?」


 →始発電車で通う
 →自家用車で通う
 →自転車で通う
 →マラソンで通う
 →在宅勤務にしてもらう
 →地方転勤願いを出す
 →会社の隣に引っ越す
 →会社に住む(笑)
 →会社をやめてしまう(笑)


などなどいくらでも答えは出てくるのです。

出来る出来ないはこの際おいておきます。
するといくらでもアイデアは出てくるのですよ。


ところが、人間は慣れる生き物です。


多くの人が満員列車でも自分自身を順応させてしまうのです。


人の人生は人それぞれなので結局はどちらでも良いと遠藤は個人的には思っていま
す。


貴方なら、どちらを選択したいですか?


○満員列車に乗らない方法を一生懸命、考えるか?

×満員列車に順応するか?


ちなみに業務提携契約交渉では、相手方と利害の相違があってなかなか合意に至らな
くても
満員列車に乗らない方法を考えるがの如く、よりよい解決策を模索しなければなりま
せん。


でないと業務提携する意味がないですもの(笑)


そんな時に役に立つのがやはり「質問」なのです。


「相手方の強いところと弱いところはどこだろう?」「相手方のニーズはどこだろ
う?」


この2つの質問はかなりいいです。


例えば相手方が高品質の製品を作る技術がなくていつも品質問題で困っているのであ
れば、そこを
こちらで満たしてあげるのです。


そうすれば価格の面で有利に進められる可能性が出てきます。


納期だって通常より遅くたってOKかもしれませんよね?


契約交渉は、「相手と自分のニーズのずれを探して組み合わせる作業です。」


そこを探し出すことをあきらめている(最初からしない?)交渉者が非常に多いよう
な気がします。


あきらめて満員列車に順応してしまう人のようにです。


貴方にはぜひ最後まであきらめずに、ご自身に良い質問をし続けて欲しいです。


契約交渉でも人生においてでもです。


下記のセミナーでは、「契約交渉で威力を発揮する質問集」を使って実際に契約交渉
のための
ブレーンストーミングをワークでやっていただきます。

==================
第25回業務提携徹底活用セミナー
9月19日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1ykEDrp

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==================

実際に遠藤が使っている質問集をお渡しします。

このブレーンストーミングができるだけでも、かなりおもしろい体験になると思いま
す。


もしご興味があればぜひ遊びにきてくださいね。



**************************************
マスター行政書士事務所
業務提携契約専門の行政書士

遠藤祐二
| CEO桐山のお勧めの記事 | 23:00 | comments(0) | - | - |