CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< 株式会社オフィス オウ 取締役会長:小川 正さんの記事【週刊・中国情報:2014/09/01】 | main | ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗さんの記事“キャッシュフロー経営”の本質とは? >>
梅川会計事務所マーケティングマネージャー相馬浩基さんの記事「 店舗経営の皆様へ」
 お早うございます。

梅川会計事務所マーケティングマネージャーの相馬です。

もし、あなたがお店を構える商売をしているのであれば、

今日のお話からちょっとした ヒントを得られるかもしれません。


先週、梅川先生と中華料理店にご飯を食べに行った時のこと、、、

その中華料理店に行くのは初めてで、そこは北千住の駅から歩いて
4〜5分にある、ビルの6階にありました。


メニューも見ずにふらっとお店に入ってみたんですが、白を基調とした
落ち着いた雰囲気で、見るからに値段が高そうです(笑)



「これは料理が期待できそうですね〜」


なんて言いながら、案内された場所に着席。


テーブルの上のメニュ−を見ると、やっぱりそこそこ高い。


・冷やし中華 2100円
・茶わん蒸し 1600円
・杏仁豆腐  860円


(たまにだったらいいでしょ!)



と、いうことで
僕と梅川先生は悩んだ末、 同じコース料理を注文しました。


運ばれてきた料理は思ったよりも品数が多くてしかも、美味しい!



「これだったら価値がありますよね!?」


そんな感じで、楽しく食事をしながら仕事の打ち合わせをしていました。




実は、僕も梅川先生もビールが大好きです。当然、食事と一緒に
ビールを注文したんですが、


その日は、ある変わったキャンペーン(イベント)?が開催中でした。



それは、スクラッチカードを削り、


【アタリがでたらビールをもう一杯無料サービス!】


というもの。


梅川先生:「こんなの、簡単に当たるわけないよね〜(笑)」


僕:「ですよね〜(笑)」


ガリガリ、ガリガリ、、

テーブルの上で、大の大人が子供のようにカードをコインで削っています(笑)

案の定、1杯目は僕も先生もハズレ。



あまり気にせずに、2杯目のビールを頼んだ時に事件は起こりました、、、


僕:「先生、またハズレました(泣)」

梅川先生:ガリガリ、ガリガリ、「・・・ん? 当たった!!」


日ごろの行いの差でしょうか?


先生だけビール一杯無料券が当たりました!


先生、嬉しそう(笑)

こんなちょっとしたことでも、 ワクワクできるんですよね。


(ちなみに、お客さんを楽しませるためにイベントや催し物を開催するのは
とても良いアイディアですよ。)


先生は「無料でもう一杯」の権利を行使して、3杯目のビールを美味しそうに

飲んでいました。


・・・僕ですか?


実は、最近お酒が弱いこともあって、2杯目でやめておきました。

(といっても、僕もアタリが出れば絶対にお代わりしてましたけどね。)



突然ですが、クイズです。


あなただったら、このスクラッチカードを利用してさらなる利益を上げるために
どんなことを考えますか?




答えは、、



いろいろあるかもしれませんが、僕だったらこうします。



それは、100円引き券や、半額券を入れる
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

考えてみてください。
ビールの原価なんてたかが知れてますよね。


今回は小さめのグラスだったので、100円もしないでしょう。


一杯600円のビールを100円引きにしたとしても、

たとえ、半額にしたとしても、確実に利益は残ります。



もし、そんなチケットが当たったのであれば、

僕もお喜んで3杯目を頼んだでしょうし、

次回、その券を使うためにリピートするかもしれません。



いずれにしても、
ハズレはなしですよ・・・(笑)


確かにビール一杯に対する利益は減るかもしれませんが、


普段1〜2杯しか飲まないようなお客さんに3〜4杯飲んでもらったり、

次回来店するきっかけを作るには、とても良いやり方だと思いませんか?



   〜理由〜



 今回お伝えしたかったことは、「スクラッチカードをやりましょう!」

と、いうことではありません。



それよりももっと大事なビジネスの原理原則です。



それは「理由」。


最近のチラシや広告を見ていると新規のお客さんを呼ぶために
「割引」をすることが当たり前になっていますよね。


でも、そんな広告は世の中にありふれていて、お客さんは
慣れっこになっています。

結果、なかなか動いてくれません。


その原因が「理由」です。

理由がないのです。


今回であれば、たとえ100円引きであったとしても


「くじ引きで当たったから!」

という理由(お祭り気分)で注文したくなる可能性は高くなります。


これが、スクラッチカードではなく、ただの100円引きだったとしたら、

お客さんには何の感動もないですし、

「たった100円か〜」って、なりがちですよね?



例えば「訳ありせんべい」をご存知でしょうか。


あれは、味はそのままですが割れて売り物にならなくなった
せんべいを、お手頃価格で販売します!

という「理由」で売られています。


そして、その実結構なお値段ですが、普通のせんべいよりも売れています。


(ところで、あれは普通のせんべいをわざわざ割ってから売っているって
知っていましたか?)



『助けてください! 店長が間違えて、カニを大量に仕入れすぎたので処分価格で販
売します!』

という理由。


(通販で良くある手法ですが、実際は他店とそんなに値段は変わりません。

それでも良く売れています。)



これらは「理由」を上手に使って利益を上げている例です。




これを見てどう思いましたか?


せんべい20%OFF、カニが安いよ!


と言われるよりも、目を引かれませんか?



このように、

人は理由があるものには目を引かれやすいものです。


そして、その理由が納得できるものであれば、同じ値段の他社商品よりも
あなたのお店を選ぶことでしょう。



更に、その「理由」は作ることも出来るのです。



 あなたの商品が選ばれる理由は?


そう、今よりも売り上げをあげたいのであれば、

お客さんが買うべき理由を用意して、それを伝えること

5個でも10個でも良いので理由を用意することです。


・クジで当たったから
・3周年記念だから
・閉店するから
・店長の誕生日だから
 ・今日だけしか食べれないから
・税金を払いたくないから


いろんな理由でお客さんを振り向かせましょう!



そうすれば、たとえ同じような商品を売っていたとしても、
あなたのお店が選ばれる確率はグンと上がります。



この理由を考えたり、お客さんに伝えるのにお金はかかりません。


早く始めたもの勝ちです。


そして、これは今すぐにでも始めることができます。



あなたはどうしますか?


| CEO桐山のお勧めの記事 | 22:29 | comments(0) | - | - |