CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
<< ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗さんの記事“キャッシュフロー経営”の本質とは? | main |
税金と政治の関係は?
 お早うございます。

起業家支援に命を懸ける会計士の梅川です。

税金と政治は、切っても切り離せない関係にあります。

今、来年度の税制改正に向けて様々な討議がなされていますが、税金の優遇措置がで
きるということは必ずその恩恵を受ける人たち、団体、企業などがいます。

逆に優遇措置が廃止されればその恩恵を奪われる団体などがいるわけです。

税金の制度は「お上」が作るものであって、必ず従わなければならないもの、避ける
ことのできない支出と考えているのは一般市民だけです。

来年、消費税の10%への増税を控えています。

その際、欧米では当たり前になっている「軽減税率」を設けるかどうかが議論されて
います。

消費税は、所得の低い人も高い人も同じように消費に対して課税されるので、所得の
低い人たちを救済するために食料品などの日常品に対して5%などの軽減税率を適用
しようという訳です。

ひと言で「食料品」といっても、スーパーなどで売られている食料品だけでも数万点
はありますし、外食産業などもあります。

そのうちの、どこからどこまで、具体的にどの「食品」を軽減税率の対象にするの
か、加工されている食品は含めるのか、外食は含めるのか。

軽減税率の対象に指定されるかどうかによって、その取扱い業界の売上に大きな影響
を与えます。

そこでそれらの業界団体が政府や政治家に対して強力に陳情するわけです。

これはひとつの例にすぎません。

日本一強力な圧力団体といわれる「医師会」が健在なうちは、医師に対する優遇税制
は廃止されることはないでしょう。

宗教団体も無視できない圧力団体なので、宗教法人はこの先も「非課税」のままで
しょう。

数は多きけれどもお金の無い中小企業団体よりも、圧倒的にお金があって莫大な政治
献金ができる経団連の声が強くなるのは仕方のないことです。

だから政治力の無い庶民はいつも損をする、

という話ではありません。

日本は良くも悪くも民主主義」の国です。

「選ばれた人」である国会議員が、選んでくれた人、支持してくれた団体に対して便
宜を図るのは当然といえば当然です。

自分は支持者のために政治を行っている、という訳です。

日本人は、政治に無関心ですが、税金制度に対しても無関心すぎます。

一般の有権者が「大本営発表」的な消費税増税の説明に対して大した反対もしないの
は私には不思議です。

といっても、時の与党の民主党が発案して野党の自民党も賛成したのですから選択の
余地がなかったと言えばそれきりですが。

源泉徴収制度と年末調整で税金を全く考えなくなってしまったサラリーマンがもっと
税金に関心を持って「反対」の声を上げれば日本の税制も変わると思うのは私の幻想
でしょうか。

今日も読んでいただきありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------

梅川事務所の絶対お勧め日本一の会計サービスはこちら

http://www.umegawa.com/

経理代行サービスはこちら

http://www.umegawa.com/keiri/index.html

 --------------------------------------------------------------------
| CEO桐山のお勧めの記事 | 23:00 | comments(0) | - | - |