CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
起業家支援に命を懸ける会計士の梅川貢一郎さんの記事【大企業は税金を払ってはいませんよ。】
 お早うございます。

起業家支援に命を懸ける会計士の梅川です。

以前のメルマガでも書きましたが、わたしは法人税の引下げには基本的に反対です。

当たり前の話ですが、法人税の減税による税収の減収は、他の税金で賄われることに
なります。

所得税か、消費税か、または社会保険料か。

結局、所得が法人から個人へ移転することになります。

ここで法人と言ってもいわゆる大企業です。

なぜならば法人税収の90%以上は、資本金1億円以上の大企業が支払っており、中小
法人の80%はそもそも赤字で法人税を支払っていないのです。

日本の実効税率は約35%です。

しかし上場企業に限って言えば、支払っている法人税は損益計算書上の利益の25%に
すぎません。

上場会社は優遇されているのか?

もちろんそれもあります。しかしそのからくりは簡単です。

近年、企業はグローバル化しました。

電機も自動車も製造業では、もはや「消費地で生産する」のが当たり前です。

ユニクロも中国の工場で製造して、東南アジアやヨーロッパで販売をしています。

当然、企業は製造・販売している中国やベトナム、タイで利益を申告して現地で法人
税を支払っています。

ところが、ご存知のように日本の法人税は高い。

東南アジア諸国や中国、そしてヨーロッパ諸国でも法人税は日本より低いのです。

大企業は、実は税率の安い諸外国で法人税等を支払っていることになります。

そして、海外子会社が現地の法人税を支払ったのちの利益を日本の親会社に配当とし
て送金しています。

しかし日本の税制では基本的に子会社からの配当金収入には税金がかからない仕組み
なので、海外子会社の利益は日本では課税されないのです。

政府は法人税率の引き下げ財源として、中小企業の減税措置や軽減税率を廃止する方
針です。

体力のない中小法人は大企業のように、容易に海外に所得を移転して日本での高い課
税を逃れることができません。

ただでさえ自己資本が少ない日本の中小企業は、今後も内部留保を行うことが難しく
なりそうです。

世界一内部留保が大きい日本の大企業にお金を使わせるような税制が先決だと思うの
ですが。


今日も読んでいただきありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------

梅川事務所の絶対お勧め日本一の会計サービスはこちら

http://www.umegawa.com/

経理代行サービスはこちら

http://www.umegawa.com/keiri/index.html

 --------------------------------------------------------------------
梅川公認会計士・税理士事務所
 千代田区 経理&記帳代行センター
Q-TAX 飯田橋東口店

ホームページ: http://www.umegawa.com/
メール: info@umegawa.com
 Facebook; http://www.facebook.com/?ref=tn_tnmn#!/koichiro.umegawa
| CEO桐山のお勧めの記事 | 17:15 | comments(0) | - | - |
〜「稼ぐ思考術」 小谷川拳次さんの 365日語録 〜【一生涯、お金に困らなくなる技術とは?】より
【一生涯、お金に困らなくなる技術とは?】 

■解説:
貴方が自分の商品を説明する時に、
単なる機能や特徴の説明に終始していないだろうか。

機能や特徴は、資料を読めば3分で理解できる。

貴方がしなければならないことは、
その商品自体の物語と、その商品を使うことによって
どうお客様の人生が変わるかの「物語」を話すことだ。


この「物語」に魅了されれば、お客様はいくらでもお金を払う。

この技術を、英語で「ストーリー・テリング」と言う。



■実践:
貴方の商品の物語を作ってみよう。

・「なぜ」その商品を作ろうと思ったのか?
・開発には「どんな」苦労があったのか?
・「苦労を乗り越えてでも世に出したい」と思ったパッションは何か?
・「軌道に乗った」のは、何がキッカケだったのか?
・この商品を通して、あなたが世に伝えたいことは何か?
・この商品を使うことによって、幸せになった「お客様の声」は何か?

上記の質問に答えるだけでも、簡単な物語が作れる。

物語が出来たら、あなたのウェブサイトに掲載してみよう。
お客様の「関心度」が全く変わってくるはずだ。


更に言えば、この技術はあらゆるものに適用できる。

貴方の「会社」の物語。
貴方「自身」の物語。

あらゆるものに物語を作ってみよう。



【私の理念】
━━━━━━━━━━━━━━━

「世界から貧困をなくす」

そのために、世界中の起業家に
卓越したマーケティングスキルを継承し、あらゆるビジネスを成功に導きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright (C) LEAD CONSULTING PTE. LTD. All Rights Reserved.
[発行元] LEAD CONSULTING PTE. LTD.
| CEO桐山のお勧めの記事 | 20:10 | comments(0) | - | - |
(株)オフイスオウ:取締役会長 小川 正さんの記事【週刊・中国情報:2014/08/18】
【週刊・中国情報:2014/08/18】

● 中国検閲の壁、LINE不通1ヵ月に!


中国で対話アプリ「LINE」が不通になって1カ月が過ぎた。 中国当局の検閲が懸念されているが、不便さを感じた利用者のLINE離れが加速している。 このままフェイスブックやツイッター同様に利用制限が続き、本格進出を阻まれるのか、「世界一」を目 指すLI NEにとって中国は避けて通れない最大市場だが、早くも高い壁にぶち当たっている。

中国でLINEが突然使えなくなったのは7/1未明ごろだ。 翌2日にはLINE中国事務所が「現在、アクセス障害が発生しており、復旧に全力を挙げている」との声明を発表する。 それから1ヵ月以上、いっこうに繋がらない状況に利用者のいらだちは募っている。 LINEは中国で大型の販促活動に乗り出したが、中国のユーザーの多くは、騰訊控股(テンセント)の 「微信(ウィーチャット)」に乗り換えているという。・・・中国人では「QQ」と、言われています。

LINEは韓国の検索サイト大手、ネイバーの子会社で2112年末に中国進出した。 中国名は「連我 (リエンウォ)」、これまで中国で850万人が専用アプリをダウンロードしたとされている。 LINEは中国での障害について「原因を調査しており、復旧に向けて努力している」と繰り返すが、政府 との交渉などで事態を打開できるかどうか、先が見通せない状況が続いている。 LINEのような対話アプリは、電子メールより手軽に情報をやり取りでき「友人」との交流に便利だ。 だが中国では、こうしたSNS(交流サイト)が頻繁に「遮断」される。 7月から韓国の「カカオトーク」も不通状態だ。 「不正情報を取り締まり、テロ分子に打撃を与えるためだ」と、中国メディアはLINEやカカオトークの 「不通」の原因をこう報じている。

当局の言論統制の一環だとささやかれており、事実、これまでも中国のネット検閲を巡り外資大手と当局はさや当てを繰り返してきた。


● 中国の「微信」、規制に協力し躍進!


中国の対話アプリで圧倒的な地位を誇るのが騰訊控股(テンセント)が運営する「微信(ウィーチャット・ QQ)」 だ。 中国国内を中心とした登録ベースの利用者は2013年時点で6億人を超え、月に1回以上使った人の数を示す月間利用者でも今年6月に4億3820万人に達しているという。

テンセントは、微信などで膨大な利用者を囲い込んだことで、ゲームや広告といった関連の有料サービスも伸びており、同社が8/13に発表した4~6月期決算は、売上高が前年同期比37%増の197 億元、純利益が59%増の58億元となっている。 中国当局の統制に従うことにも慣れ、海外企業のように対応で悩むことも少ない。

共産党のネット統制組織が対話アプリを対象に、検閲専門スタッフの配置を義務付けるなどの規制強化策を打ち出した 時、同社はすぐさま同調し、3千件の違法書き込みと400人の不正登録者を削除したとされている。


● 杭州市、未来のビジネスエリア設置へ


アリババ・グループと杭州市下城区政府は8/10、戦略的な協力関係を構築した。 両者は武林ビジネスエリアで全国初の「未来のビジネスエリア」を形成し、武林ビジネスエリアのモデ ルチェンジ・アップグレードおよび運営の新モデルを模索する。 

「未来のビジネスエリア」の1期プロジェクトでは、武林路女装街で外食・宿泊施設・ショッピング・レジャ ー・観光スポット・公共サービスなどの試行を実施する。 消費者はアリババのサービスを使い武林ビジネスエリアの二次元コードをスキャンすることで、武林ビ ジネスエリアのページを閲覧できる。 

消費者はアリババの決済サービスで「武林ビジネスエリア」をフォローすれば、同サービスを利用しな がら同エリアを散策し、バーチャルとリアルの融合を体験できる。 モバイルECサイト・モバイル決済・ビッグデータプラットフォームを融合し、武林ビジネスエリアに一体化されたソリューションプランを提供されるという。 

| CEO桐山のお勧めの記事 | 22:09 | comments(0) | - | - |
安藤裕也さんのブログ"Nomad Life In Australia"より【日豪EPA協定締結】
 すっかり真冬のシドニーです。
日本より温暖とはいえ、朝晩は気温が10度前後まで下がりかなり冷んやりするので、通勤時にはコートが欠かせません。
とは言え日本の真冬に比べたら暖かいはずですが、すでに体がこちらの気候に適応してきたのか、寒い寒いと震えながら街を歩いています。

さて、そんな春がとっても待ち通しい冬のオーストラリアに、安倍首相が先月来豪しました。

日本の首相がオーストラリアを訪問したのは、2007年以来の7年ぶりだそう。実はその時も第一次政権時代の安倍さんでした。

普段から日本のニュース番組や新聞でオーストラリアの事が話題に上がる事はほとんどありませんが、さすがにこの時ばかりは報道されてましたね。
反対にオーストラリア国内でも安倍首相来豪がニュースとなり、また在豪邦人にとっても(普段放っておかれがち?な南半球に)「首相が来る」という事は嬉しいニュースで、二国間の関係向上を期待します。

安倍首相は滞在中、首都キャンベラの連邦議会の議員総会でスピーチされたり、西オーストラリア州の鉄鉱石産出地を視察されましたが、今回の訪問のメインは日豪EPA(経済連携協定)への署名・締結でした。

EPAとは、外務省のHPによると『主に二国間で,貿易や投資の自由化・円滑化を進め,幅広い経済関係の強化を目指す協定』という意味です。

ご存知の通り、日本はこれまでASEAN諸国を中心に11の国・地域とEPAを締結していますが、二国間のEPAとしてはオーストラリアは最大の貿易相手国です。
関税が引き下げられるので、おのずと双方とも期待(あわせて不安・懸念)が高まります。
そんな中で最も注目されるモノの取引ですが、オーストラリアにとっては牛肉を中心とした農産品の輸出です。(ちなみに鉱物などの資源は既に日本の関税はゼロに等しく、特段今回のEPAではメリットは無いので、「今後も安定して供給しますよ」という条文が盛り込まれました。)

牛肉はアメリカとの関税率の兼ね合いもあったり、自国の農家保護も懸念する声もありますが、個人的には、牛肉に限らず全般的にオーストラリアの農産物はお勧めです。
オーガニック先進国ですので安心・安全はもちろんですが、味も美味しいんですよね。
特にお勧めしたいのはラム肉(子羊)です。日本では羊というと一般的に大人の羊肉(マトン)で、臭みと硬さが嫌われていますが、本当のラム肉(子羊)は臭みがまったく無く、脂がのってとってもジューシー。
オーストラリアといえばオージービーフのイメージですが、こちらでは硬い赤身が好まれるので、霜降り好きな日本人には、ラムの方が好みに合うはずです。
私も友人や家族がオーストラリアに遊びにきた際には、バーベキューなどで必ずラム肉を食べさせますが、その美味しさに皆かなり驚きます。日本でオーストラリア産のラムチョップ(骨付き肉)を見かけたら、ぜひ一度トライする事をお勧めします。軽く塩コショウを降り、バーベキューで焼くだけ。あまり焼き過ぎず、ミディアムレアくらいがベスト。オーストラリア産赤ワインと共にどうぞ!(あ、ちなみにオーストラリアワインも日本の関税が無税になります。)

話しがそれましたが、反対に日本にとってのEPA目玉品目は、対オーストラリア輸出額の半分を占める自動車です。
現在は5%の自動車関税が、3年後には撤廃されます。
オーストラリアでは日本車のシェアは約30%を誇る人気で、国別の輸出額もアメリカに次ぐ2番目の国です。関税が撤廃されると、日本のメーカーだけでなくオーストラリアの消費者にもメリットが期待できますが、人件費をはじめインフレが続くオーストラリアにおいて、関税撤廃分がどこまで価格に還元されるかはイマイチ微妙な気がします。攻勢の激しい韓国車の追随を許さない為にも、(我々が日本車を安く買える為にも)日本のメーカーには価格ダウンを頑張ってもらいたいものです。※韓国は既にオーストラリアとは関税撤廃となるFTAを妥結しており、自動車・家電の普及が進んでいます。家電においては完全に日本勢はシェアを持ってかれていますね。

ともあれEPAによる効果は貿易面だけでなく、企業・投資家の競争力確保や規制緩和、人的交流やサービス輸出入の活動活発化など幅広い条項を結んでいます。
今後、日豪双方において貿易、投資で新たなビジネスチャンスが創出される事が期待できます。
そのチャンスを逃さず、何が出来るのか?引き続き考えていきたいと思います。
| CEO桐山のお勧めの記事 | 22:01 | comments(0) | - | - |
梅川会計事務所マーケティングマネージャー 相馬浩基さんの記事【僕のお気に入りはこれ!】
【僕のお気に入りはこれ!】


 おはようございます。

梅川会計事務所マーケティングマネージャーの相馬です。


 暑い日が続きますね^^;


 特に外回りや営業をされている方は、熱中症に十分お気を付けください。

ところで、そんな暑い日に、僕たちにとって、 なくてはならない物、、、それは


 カフェ!



 僕も、暑い時はついついカフェに入って冷たいアイスコーヒーを頼んでしまうんで
すが、

これが至福のひと時。

 一旦ソファーに座ったら、 立ち上がるのが困難です。。


 仕事や読書を始めようものなら、あっという間に5〜6時間たってしまいます。


それで、数あるカフェの中でも、 僕が特にお気に入りなのが 「ルノアール」です。


 都内にいるときは、 他のカフェには目もくれず、ついついルノアールを探してしま
いますね。


あなたはどうですか?


スタバもあるし、 ドトールもある、エクセルシオールや何ならマックもある。


その中でも、お気に入りのカフェが あるんじゃないでしょうか?


 僕がその中でも、あえてルノアールを選ぶのには理由があります。



それは、、、


 『充電器が置いてあるから』


 携帯を充電したり、 PCを充電できるのは、

 僕のようなコピーライターにとっては、 とてもポイントが高いです。


 事実、ルノアールで コピーを書いたり、メルマガを書くことが、とても多いです。


フカフカのソファーがあって、 店内も落ち着いた雰囲気で、 集中して仕事ができ
る、、


マックやドトールよりも数倍高いお金を払ってでも、 ルノアールを選ぶのは、こん
な理由があるからです。



 一方、スターバックスにも違った良い点があります。

・コーヒーのカスタマイズ、
・くつろげる、
・禁煙、

これはこれで、一定のファンを獲得して いるのはご存知ですよね。


■どちらが優れているか?

では、スターバックスと ルノアールではどちらの方が優れているのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 実は、これには明確な答えはありません。

なぜなら、両店共に、それぞれのお客様に適した”環境”を提供しているからです。

 両方のカフェに行ってみると解りますが、明らかに「客層」が異なります。

それぞれが違う「魅力」を提供して差別化しているのです。


○ スターバックス → くつろぎ
○ ルノアール → ビジネス
○ マック → 家族、安さ
○ ドトール → ちょっと一息


など、それぞれが競合しないような ポジションを選んでいるのです。


これが『差別化戦略』です。


 一見、同じようなカフェですが、そこにはいろんな思考や戦略が詰まっています。


 彼らは決して、 「美味しいコーヒー」を売っている訳ではありません。


 彼らのお店に行くことによって得られる「体験」を売っているのです。


そうすることで、お互いが競合しないような「差別化」を生み出しているのです。



■僕たちはどうやって戦うのか?


これは僕たち中小企業にも同じことが言えます。

 僕たちはついつい、

 「良い商品」
 「良いサービス」
 「他社よりも優れている商品」

を、提供しようとしてしまいます。


でも、それだけではお客様に選ばれにくくなってきている、と貴方も感じていること
でしょう。


 物があふれ、価格も下がっていく、そのような世の中では、今の戦略は通用しませ
ん。



 (「より良い商品をより安く」、は、大企業にしかできないですからね。)


 僕たちが考えるべき事は、

 『他社よりも優れた商品』ではなく、 『他社がやっていないサービス』なのです。


どんなに小さなことでも構わないので、

 『他社がやっていない事』で、差別化していきましょう。


これを発見することで、

 「〇〇と言ったらあの会社」と、思ってもらえるように なるのです。


さて、あなたのビジネスは いかがですか?


もし、今よりもビジネスを大きくしたいのであれば、


 「〇〇があったらいいな!」
 「〇〇が不便なんだよね。。」
 「〇〇だったら助かるのに。。」


というお客様の声を吸い上げ、その中でも、ライバルがやっていない事に
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
目を向けてみてください。


それこそがビジネスの突破口であり、 儲けるための差別化戦略です。




 相馬浩基
| CEO桐山のお勧めの記事 | 20:23 | comments(0) | - | - |