CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • アジアクリックさんの記事『カンボジアで日本食ブーム!人気日本食レストランに共通する特徴とは?』
    makoto (01/27)
  • インタビュー連載vol.4 龍山秀一さんへのインタビュー総集編
    山崎 (09/07)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

 

ノマドライフクリエーター達の自由で活動的な日々を紹介しています。
今から考えよう「定年後」のセカンドライフ
定年退職後のライフプランは、誰もが具体的にイメージしにくいものだと思います。

  定年後の生活に不安を感じるのは、やはり収入や支出がどのように変化するのか予測がつかないことが大きな要因です。このような不安を取り除くためには、定年後の収支がどのように成るのか、まずは概ねでも自分自身で把握することから始めてみましょう。

  今、40〜50歳代の方の場合は、60歳で定年退職するまでは、現在と同程度の給与水準が続くことが望ましいですね。しかし、企業によっては55歳で役職定年となって、現在の地位を離れて、収入が一気に下がるケースも少なくありません。

  60歳で定年退職を迎えた後、最近では会社の再雇用制度を利用して、働き続ける人たちも増えてきています。年金の受給開始年齢が順次引き上げられている現状ではそれも仕方ありません。現段階では65歳に成るまでは年金を満額受給することが出来ません。そして、定年後に働き続けるとしても、定年前(現役時)と比べれば、収入は激減することでしょう。

  この先も年金受給年齢はまだまだ引き上げられることが免れませんが、現状65歳から年金を受給出来るようになり年金生活に突入しますと、更に収入が減って、現役時代の30%ぐらいのところまで減少するのが平均的な統計です。もし、住宅ローンなどの返済が60歳以降も継続していく状況だと正直かなりしんどいですね。

  あくまで、現状でのシュミレーションに成りますが、65歳以降の収入のイメージを思い描くと、65歳からは老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給がスタートします。

  企業年金は会社によってある人とない人がいますので、ご自身で確認してみてください。 それから当然のことですが、現役時代の働き方や収入によって老齢厚生年金の受給額は変化しますし、企業年金の額も会社の制度により大きく変わってきます。

  いずれにしても、定年後の世帯の年金受給額は、100万円台〜300万円台ぐらいが普通一般的でしょう。

  それぞれの方のセカンド・ライフ・プランにもよりますが、活き活きとセカンド・ライフを楽しむためには、自分たち(夫婦)の年金受給額が、およそどれくらい受給できるのか、預貯金はどれくらい貯まっているのだろうか、健康状態を意識しながら何歳まで働くことが出来るのか、その他、子供や孫のイベントなどの支出も考えて、今から綿密に「セカンド・ライフプラン」を作成して、それを基に中長期の人生における対応策なり戦略を誰もが真剣に考える必要があります。

  江戸時代〜明治時代に掛けては、人生50年でしたので、セカンド・ステージなど考える必要も無かったでしょう。

  しかし、今はもう数年もすれば、人生90年の時代が到来します。リタイヤする年齢にもよりますが、一般的に60歳でリタイヤしたとしても、あと30年も生きなければなりません。いいえ、有難いことにあと30年も人生を楽しむことが出来るのです。これを長生きをリスクと思うのか、逆に喜びと感じるのかは、全ては今の自分次第です。
| CEO桐山のコラム | 20:28 | comments(0) | - | - |
定年後に必要な老後資金は「一億円以上」 生涯収入の約半分
 近年、日本人の平均寿命が更に高く成ってきています。2011年の厚労省の統計によると、女性は86.84歳で、男性が81.39歳だそうです。我が国(日本)は、まさに高齢化社会を超えて高齢社会を迎えたと言えます。あと10年もすれば、人生90年という時代が到来するのでしょう。

最近では、若い世代の方々(20〜30歳台)にも「老後心配性」の人たちが多いと聞いています。それはそれで素晴らしいことだと思います。行き当たりばったりの人生よりも、計画的に遠い将来のことまで長期的に考える人たちが増えてきたと思えば嬉しいことです。

人は誰しも、中高年と成り、そして60歳に成り、仮に60歳で定年退職したとしても、その先あと20年〜30年は元気で楽しく人生を過ごして行かねばなりません。

さて、そこで「老後心配性」の若い人達にお伝えしたいことは、実態の解らないことに不安を抱いて心配するばかりでは話が前に進みませんし、手の打ちようもありません。その正体をしっかりと、見据えることが肝要です。

いったい定年後の生活に於いて、お金がいくら必要なのか? 気休めは言いません。
ずばり、一億円以上は必要に成ります。普通のサラリーマンの生涯収入の2分の1ぐらいが必要に成るということです。

2010年度の総務省の家計調査報告によると、夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯の夫婦の一ケ月のの平均支出が26万5千円で、対する収入は22万3千円です。毎月4万2千円の赤字家計だそうです。

現段階でのリタイアメント世代の方々は、間違いなく年金面では恵まれている筈です。その人たちですら、年金だけでは生活出来ないという実態に、我々の不安は、益々膨らんでいきます。現在、年金受給者の多くの方々の収支が赤字に成っている状況から推測して、これからの人たち(現役世代の人たち)が、リタイヤする頃には、もっと厳しい状況に成っていることは、ほぼ確実です。

さらには、2010年度に生活保険文化センターが実施した生活保障に関する調査では、「ゆとり」のある生活を送るためには、毎月36万6千円の収入が必要だと言っています。

現状、この生活で夫婦ともに90歳まで生きるとすれば、60歳以降に年金以外に必要なお金は、最低およそ、5千万円が必要に成ってきます。60歳を過ぎても、まだまだ皆さん(今の中高年の方々は)元気ですから、活き活きと楽しく人生を過ごしたい願望もありますし、旅行やレジャー、趣味や習い事を楽しむといった「ゆとり」のある生活(セカンドライフをエンジョイすること)を最大限に楽しめる年齢でもあります。

60歳まで生きた女性の平均寿命は88.38歳、男性は82.85歳まで生きるという統計(2010年簡易早見表)があります。今後、将来的に日本の年金システムが破綻して、これから自助努力で自分が年金を創らねばならない社会(時代)が到来すれば、単純に年金0と考えた場合には、夫婦二人で約、1億1千万円が掛かる計算に成ります。

もちろん将来のことですから、日本がどのような経済状況に成っているか予測は不可能ですが、国の年金および企業の退職金はあてにせず、「貰えれば儲けもの」ぐらいの気持ちで、今から不測の事態に備えて「自分年金創り」をご自身で始めて行かれることを推奨いたします。
| CEO桐山のコラム | 23:26 | comments(0) | - | - |
高齢者の預貯金額は1000兆円以上 何とか使ってもらいたい安倍政権
 アベノミクスの戦略の一つで、目を付けたのが「動いていないお金を動かすこと」、その実行のために政府は複数の方策を打ち出しています。

日本国内には、たくさんのお金を持っている人たち(おじいちゃん・おばあちゃん)が大勢います。そのお金を全く使っていない人たちがいるのです。

日本銀行の資金循環統計によると、高齢者の方々が老後に備えて貯めているお金がおよそ1000兆円以上あると言われています。 やはり、誰しも老後が心配なので、たくさんのお金をしっかりと蓄えている状況です。

しかし、そのお金を使い切らないうちに亡くなる場合が多いのです。 欧米人の場合は、年代別に最もたくさんの資産を蓄えている時期は40〜50歳台が多いそうですが、日本人の場合は驚くことに、最もたくさんのお金を蓄えている時期(タイミング)が「死ぬ間際」だそうです。 

これは、欧米人と日本人のライフスタイルの大きな違いの一つと言えます。セカンドライフをアクティヴに楽しむ欧米人と、そうでない日本人の人生観の違いでもあります。

日本人の場合は、残ったお金の殆どが子供に相続されますが、高齢者が亡くなる訳ですから、そのお金を相続する子供も、既に50〜60歳台に成っているケースが多いのです。だから、そのお金を貰っても、やはり自分の老後が心配なので親と同じように使わないまま、そのお金をずっと貯めておきます。そして、その人が亡くなると又その子供に相続していくというような循環を繰り返すのです。結果、全然お金が動かない訳ですね。

政府は、このお金をなんとかして使ってもらおうと考えています。


実施されている高齢者の方々にお金を使ってもらう施策

では、高齢者の方々にお金を使ってもらう方策として、どのようなやり方があるのでしょうか。

昨春から、孫一人当たりにつき、1500万円までの贈与には税金を掛けないようにする制度が施行されました。これまでは、1500万円を贈与するということになると、贈与税が470万円(約31%)も掛けられていました。それが無税(ゼロ)に成る訳ですから、かなりインパクトの強いものとなります。

今のところ使い道は、教育資金ということになっていますが、いずれ他の分野にも波及するものと思われます。

おじいちゃんやおばあちゃんから孫へと、教育資金が流れていくと、親は子供の教育に関わる費用を浮かせることが出来る訳ですから、そのお金でマイホームを新築したり、マイカーを購入したり、旅行に行ったり、大きな買い物が可能に成ります。

高齢者のところから、若い世代のところへ移動したお金は、そこでじっとしていないで動き出すというシナリオです。世の中のお金がぐるぐると速く回るようになれば景気も良くなるということです。

こういった好循環を生み出すことが出来れば、政府が目指す第一段階のシナリオはとりあえず良しとするでしょうが、問題はこの先のことです。

減税してお金を活発に動かすことが出来たとして、その減税額に見合う若しくはそれ以上の歳入(税収)を何処で補うのか。 周知のとおり日本は大きな借金をしながら景気を良くしてゆくということですから、これからも益々借金が膨らんでいく一方です。

まだまだ前途多難で問題山積みの我が国・日本ではありますが、この先のアベノミクスの舵取りに大きく期待を寄せながらも、我々国民も自助努力で自分の暮らしは自分自身で護ってゆかねばなりません。

| CEO桐山のコラム | 23:21 | comments(0) | - | - |
日本の借金が1000兆円超え どうなる世界一の借金大国日本
昨年8月9日に財務省が発表した「国の借金」は、過去最大の1008兆円6281億円と成り、とうとう1000兆円の大台に乗せました。

国の借金は、国債、政府系を含む金融機関からの借入金、政府短期証券の残高の合計で、財務省は1996年から現在の形式で発表しています。当時の借金は、334兆円と現在の3分の1程度で、1995年度の国内総生産(名目GDP)の66%の水準に留まっていました。その後、2013年6月末の「国の借金」は、2012年度の名目GDPの2倍を超えました。

国が発行する国債が今後も増え続けると、「こんなにも国債を発行して大丈夫?買うのを止めておこうか」ということに成り、国債は売れなくなるかも知れません。もし、国債が売れなくなると、一度買った国債を更に売り買いしている市場(発行済み国債の流通市場)で、国債の値段がどんどん下がってきます。そうなると逆に金利が上昇してくるのです。

バブル景気の頃に預金の金利は一時7%を超えていました。その当時、国債の金利も同じくらい上昇しています。本年4月の時点で国債の長期金利は、約0.6%ですが、万が一これが、6%に上がったとしたらどうなるのでしょうか。

仮に金利が6%に成れば、国の借金1000兆円に対して、1年間の利息の支払いが60兆円です。2013年度の政府の予算が92兆円ですので、もしもその内の60兆円が利払い費用ということになれば、とても払えるとは思えません。 新たに国債を発行しても、高い金利を付加しないと誰も買ってはくれません。

少し以前のユーロ危機を招いた国、ギリシャで起きたことですが、ギリシャ国債の長期金利は30%を超えたこともありました。 さすがに、日本はそこまでは成らないと思いますが、過去に例を見ない非常に高い金利に成る可能性は充分に考えられます。

先日も、ロシアのテレビ局(ロシア・トゥデイ)で、「日本は世界一重い借金(負担)を背負っている国です。この借金の額は日本の経済の見通しを暗くしています」と、大きく報じられました。

日本の借金が1000兆円超え どうなる世界一の借金大国日本


凄まじい勢いで借金が膨らむ国家財政にとってのリスク要因は、利払いの負担であることは周知の事実です。金利が上昇すればその分、利払いの負担だけで財政を圧迫するため、金利上昇の局面に入るまでに早急に財政再建を進める必要性があります。
 
まさに、日本政府の最大公約である「景気の回復」に於いては、今が正念場であり、待った無しの状況です。

今までのように、日本だけは大丈夫。政府が何とかする。会社が何とかしてくれる。周りが手を差し伸べてくれる。誰かが助けてくれる。そういう時代が終わりを告げようとしています。

自分のことは自分で考える。自分の家族は自分が護る。 
「寄らば大樹の陰」という日本人のスタイルが大きな変化を求められている、そういう時代に突入したのです。
| CEO桐山のコラム | 23:09 | comments(0) | - | - |
CEO桐山のコラム【大変な時代だから今始めなければならないこと「貯蓄から投資へ」】
 CEO桐山のコラム
【大変な時代だから今始めなければならないこと「貯蓄から投資へ」】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私が子供の頃は、親からも学校の先生からも
「お金があれば貯金しなさい」と指導されてきました。
30歳を過ぎるまで、投資と言う概念は全くありませんでした。

本当の意味で、お金の使い方そして有効活用の術を知らずに大人になりました。
学生時代の勉強に於いても社会や数学で「お金」をテーマにした授業を受けたことがありませんでした。

最近になって、やっと日本人も、「貯蓄から投資へ」という方向に変わりつつあります。

しかしながら、何の教育も受けずに経験も乏しく、すぐに投資というのは危険ですね。
自動車の運転も、何週間も自動車教習所に通って、やっとの思いで運転免許を取得します。

「お金」についても「投資」や「資産形成」についても、それと全く同じことだと思います。

誰もが、お金について真剣に学び、賢く運用して「自分らしいライフスタイルを実践する。」 そして、「悔いのない人生をおくる。」

そのためにも、自らがファイナンシャル・リテラシーを身に付けましょう。


人生に必要なもの。
それは、勇気と想像力、そして少々のお金。
byチャーリー・チャップリン
| CEO桐山のコラム | 20:43 | comments(0) | - | - |